学校生活で独りぼっちにならないために

検索フォーム

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

最新記事
学校生活で独りぼっちにならないために

ゆとり世代という学校教育によって社会に出た人達

学校教育の必要性とは、メディアでもいろいろな議論がされていますが、将来はどのような子供達が活躍する社会になるのかという観点からも、今の教育状況が左右します。近年では「ゆとり世代」と呼ばれる世代があります。詰め込み型の教育からゆとりのある教育ということで、学校に通っていた世代を呼ぶのです。社会人となって、問題のある行動を取ることからも、注目されてしまい、さらには同じ世代でも、しっかりしている人からは、同じように扱わないでほしいとさえ言われるくらい、社会人的にギャップがあるのも特徴です。社会に出てからも、上司や先輩に対してタメ口を聞いてしまったり、失礼なもの言いをすることが言われています。

中には人間関係を作ることさえ煩わしいと感じる人もいるので、仕事をしないわけではないが、組織としての人間関係を作らない人もいるのです。得てして、こういった現象というのは、昔にもエリート意識の強い人は、そういった傾向がありましたが、今ではゆとり世代と呼ばれる若者では、エリートだけではなく、多く目立つようになりました。今の学校教育の改革をしていこうと、国も政策に動き出していますが、どのように変わっていくのかは、今後の10年20年経たないと結果が分からないものです。

関連情報