学校生活で独りぼっちにならないために

検索フォーム

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

最新記事
学校生活で独りぼっちにならないために

今の学校と昔の学校について

春は新入学の季節です。新しい学校やクラスになじむのは大変なことだと思いますが、その分新しい出会いに対する楽しみもありますね。最近では少子化でクラスの数も減っているようです。なので、同じ学年の生徒とほぼ顔見知りになるのも早いのかもしれません。

私が子供の頃は現在と比べて子供の数も多く、学校もまだたくさん建てられていなかったので一つの学年の生徒数がかなり多かったようです。クラスも5クラスあり、高校では10クラスもありました。そのため、在学中にすべての同級生の顔と名前を覚えることなく卒業することも珍しくはなかったのです。そんな時代ですから、クラス替えのたびに、どんな友達ができるのかわくわくしていたものです。最上学年になって初めてしゃべる子もいたりして、新鮮なものでした。現在は子供の数が減っていますし、クラスもすっかり少なくなってしまいました。子供たちの声が響き渡る校庭を懐かしく思う先生方も多いのではないでしょうか。

関連情報