学校生活で独りぼっちにならないために

検索フォーム

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

最新記事
学校生活で独りぼっちにならないために

学校にいる時間が長い日本人の子供

今や多くの小学校で放課後に授業についていけない子供たちの勉強を見てあげたり、宿題をさせたり、スポーツをさせたりしているようです。共働きの夫婦にとっては夕方まで子供が安全に学校にいてくれるので安心でしょう。

子供にとっては実に多くの時間を学校で過ごすことになり、友達もいて遊べる楽しい空間になっています。学校で多くの時間を過ごし、なおかつ学校が好きと言う子供が多いということは素晴らしいことではないでしょうか。学校では勉強することがメインとなりますが、楽しい場所での勉強だとそれほど勉強嫌いの子供が現れないかもしれません。

海外に目を向けると、授業が終わると一目散に家へ帰る子供たちが多いです。授業が終わってまでも子供に付き合う教師や大人がいないので、当然でしょうが、子供はまるで学校から逃げ出し、家で自由になりたいと言わんばかりに急いで学校を後にします。日本では少なくとも放課後の時間を学校で自由に過ごせるということはとてもありがたいことのように感じます。

関連情報