学校生活で独りぼっちにならないために

検索フォーム

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

最新記事
学校生活で独りぼっちにならないために

学校に通えない子供のために

学校は1つの教室に30人から40人ほどの生徒とともになって、授業を受けて勉強をしていきます。1つの教室にそれだけの人数の生徒が集まるのですから、30人から40人の中には、なかなかクラスの生徒と馴染むことができない生徒がいることもあります。

馴染めなくて、ただ1人でぽつんと誰ともかまわずに座っているだけでも辛く感じる人はいますが、馴染めないことで仲間はずれにさせられ嫌がらせをうけることもあります。そのような問題は深刻で、なかなか解決に繋がらないケースもあったりします。

問題にぶつかって不登校となってしまう人もいます。確かに、精神的に苦痛を感じるところへ無理に学校へ行かなくても良い、不登校になったほうが良いと考える人は結構存在します。私も実はそう思うほうなのですが、しかし、不登校になってしまいますと、その後が大変となるのです。授業に参加しないため、成績が落ちていくのです。私は、これからの世の中、不登校となってもフリースクールのように、他のところで勉強ができるシステムを、色んなところへ導入して欲しいと願います。子供たちは、学校に通いたいと思っている人が意外と多く、でも、何らかの理由を抱えていけないで悩む人も多くいるのです。

関連情報