学校生活で独りぼっちにならないために

検索フォーム

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

最新記事
学校生活で独りぼっちにならないために

小学校の理科室の珍事

小学校の時、やんちゃ坊主のG君という男の子がいました。ガッチリと体格がよく、いたずらをしたりワイルドな事をしたりして注目を集めていました。でも人懐っこくて愛嬌のある、可愛い男の子でした。小学生の頃は、人と違うことが出来るというのがステイタスになっているような所があります。今にしてみればどうでも良いことや馬鹿なことでも、「他の人はやれないことを自分は出来る!」とアピールしたくなってしまうものです。

ある日、理科室で実験を行いました。授業が終わってみんなが教室に戻ろうとしている時、G君たちが机に集まって何やら盛り上がっているのを見ました。そのまま私は教室に戻ったのですが、その後先生が大変ご立腹な様子で戻ってきました。こりゃまた大事が起こったぞと思い他の同級生から情報を集めると、なんとG君が理科室にあったビーカーの溶液を飲みほしたそうなのです。理由は「美味しそうだったから」。大物すぎます。中身は炭酸水だったから良かったですが、無事でよかったです。

関連情報