学校生活で独りぼっちにならないために

検索フォーム

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

最新記事
学校生活で独りぼっちにならないために

学校という場所で親友と呼べる存在に出会えたこと

私は10年前に高校生となり学生時代を送ることで、親友の言うことができる親しい友人と出会うことができ、学校を卒業して10年経った今でも親友との交友関係が続いています。親友とは高校2年生との時に一緒のクラスになったことがきっかけで、少しずつ世間話などの日常会話を話すようになりました。最初はお互い他人行儀で同じ年にも関わらず、敬語を混じえながら必死に会話を成立させようとしていましたが、いつまでも他人行儀な関係を崩すことができず、少しずつ親友の存在が遠く感じてしまいました。

毎日少しずつ信頼関係が芽生えることができていると、自分自身で自負する気持ちもありましたが、親友との他人行儀の雰囲気を打破し、敬語を混じえながら会話をする関係に終止符をつけたいと自分で思うようになっていました。親友も私と同じ気持ちを抱いていてくれたため、お互いの気持ちをしっかりと話すことで今までのことが嘘かのように、他人行儀の関係をすぐに改善することができました。親友と出会うことができた学校生活は、本当に楽しく戻ることができるならもう一度戻りたいと思います。