学校生活で独りぼっちにならないために

検索フォーム

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

最新記事
学校生活で独りぼっちにならないために

学校行事のルールが厳しくなっている

学校生活の想い出というのは、人それぞれあると思いますが、やはり運動会や遠足や修学旅行というのは、イメージに残っている行事のひとつです。特に運動会などは、両親が早くからお弁当の準備から、グラウンドの場所取りなども含めて、一生懸命にやっていてくれたので、子供心にも張り切って運動会に臨んでいたことでしょう。自分が親になってみて感じるのは、昔と違っていろいろなことがルール化していて違いを感じます。しかし、子供達が張り切って望む姿は、昔となんら変わらないものです。学校の先生も子供達の指導に大変な時代ではありますが、特に運動会などでも体育でもそうですが、子供のケガがとても気を使うようです。

運動会でも一生懸命にやったことで、転んだりぶつかったりして、ケガをしてしまいますが、それらを今の親では、学校の安全管理の問題にしたり、トラブルとして教育委員会へと上げる親御さんもいるのです。運動をやっていることでは、ケガも付き物で、あまり厳しい競技は無くなった昨今ですが、不可抗力でのケガを問題にしてしまうと、運動会すらできなくなります。一般的な常識から、かけ離れた発言をクローズアップされてしまうことによって、楽しい学校行事がさらにルール化されていくのは、とても悲しいことです。

関連情報