学校生活で独りぼっちにならないために

検索フォーム

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

最新記事
学校生活で独りぼっちにならないために

算数や数学が学校で苦手な理由とは

学校教育の中で、子供達が苦手としている教科に、算数や数学があります。こういった教科が苦手な原因には、算数や数学には段階があって、覚える中で苦手な項目があると、その部分を覚えることなく、過ぎてしまうことがある為に、次のステップではまったくわからないという状況になってしまいます。さらに算数が苦手だった場合には、中学生になっても、学校の授業では数学が苦手になり、どんどんわからないまま、なんとなく授業が進んでしまいます。中学生になっても分数の計算や、中には掛け算すらできないという子供がいるのは、絶対に避けなくてはいけない教育問題といえます。

こういった数字に強くなるには、子供の頃から算数について携わらせてあげることが重要です。小さい頃には数字ではなく、図形などを使って、楽しく覚えることがいいので、自宅にいてもお母さんと数字を使うことをやっていると、算数も楽しいものとなっていきます。数字に苦手意識のある子供は、なるべくそういった簡単な、インスピレーションから数字に携わるようにすることで、数学も好きになるといえます。法則などの決まりごとがあることによって、嫌いになることがあるので、そういった数学で使う法則には、理由をしっかりと理解して計算が楽にできるようになると知ることです。

関連情報