学校生活で独りぼっちにならないために

検索フォーム

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

最新記事
学校生活で独りぼっちにならないために

思春期での学校の不登校には詮索しないで見守ってあげること

子供が不登校になって、学校に行かなくなる原因には、友人関係が上手くいっていない事が挙げられます。すでに不登校になっていて、長期間が経っている人では、子供の気持ちを察してあげて、生活を見守ってあげる必要があります。長期間の不登校になる前に、子供が何かしらのシグナルを出していることがあるので、そういった合図に気付いてあげることによって、対策を取ることが出来るのです。日常生活の中で遅刻や早退が多くなってくると、ちょっと気にした方がいいです。最初はちょっとしたことから始まってくるので、油断はしない方が良いのです。

体の不調を訴える子供もいますので、最初は病気だということで休ませているうちに、段々と心の病が進行してしまうことがあります。とにかく思春期の子供が、どのように変化をしているのかは、両親がしっかりと見てあげることや、話を聞いてあげることによって不登校を予防する事が出来ます。そして本人が学校に行かない事を問い詰めたりすることを、やらないように注意した方がいいです。両親はどうしても、どうして学校に行かないのか、理由を聞きたくなりますが、本人が自発的に話をしたがらない時には、あまりいろいろと詮索しない方がいいです。