学校生活で独りぼっちにならないために

検索フォーム

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

最新記事
学校生活で独りぼっちにならないために

学校が好きだということも大切だ

私たち家族は、海外の某発展途上国で暮らしています。今年ひとり息子が小学校4年生になります。私立のインターナショナルスクールに行っています。息子の学校では成績が一定の基準を満たさないと留年になります。現在、3学期制を敷いています。3学期が終了すると、年間スコアが出されます。そのスコアが基準以下ですと留年となります。留年は大変です。1年間の授業費がそう安いものではありません。子供にかかる教育費が家計を圧迫します。

先生から毎年成績のことで学校に呼ばれます。指摘を受けることは決まっています。英語の科目です。読むのはまあまあらしいのですが、ライティング(書くこと)が弱いというのです。成績も毎年留年すれすれです。昨年はなんとか基準点を少しうわまりました。でも、私は息子に勉強を頑張れとは言いません。なぜかと言いますと。息子は学校が好きだからです。息子は、はっきり学校が好きと言います。私はその点を大事にしたいと考えています。勉強も大切です。しかし、学校には他にも学ぶべきことがあります。多少の短所に目をつぶり、長所を伸ばしてあげる。それも大切な親の役目だと思います。