学校生活で独りぼっちにならないために

検索フォーム

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

最新記事
学校生活で独りぼっちにならないために

高等学校教育にみられる目立つ点などを分析しました

目立つ点に着目して高等学校教育をみると、前段階である義務教育のころよりも、学習内容が高度でしかも量的にかなり多いことが目立つとわかります。より高度な学問を追及するための基礎として、最低限でもこのくらいの知識が必要となるからです。

使い方という観点から高等学校教育を捉えた場合、大学入試受験資格を得るために使うという使い方が一般的とされます。そのほかには、特別な教育課程で学べるスキルを身につけるために使うという使い方もあります。卒業後においては、それらスキルを生かしたり、大学に進学したりと進路選択で役立つからです。

知的な面が磨けるということに注目して高等学校教育をみると、数学や理科などではいきなり内容が高度になるので、知的次元が以前と比べてかなり上がるとわかります。理系に進む場合は、知識を事前に身につけておかないといけないから、高等学校教育の段階で基礎を万全にしておけば、大学進学後の研究生活で、知的に余裕をもっていられるわけです。