学校生活で独りぼっちにならないために

検索フォーム

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

最新記事
学校生活で独りぼっちにならないために

学校で学べることとは

学校で学ぶことは、勉強以外にもたくさんあります。確かに、学校というのは教育機関であり、勉強をするところです。そのため、学校のほとんどは勉強という時間で様々な一般科目に割り当てられています。しかし、それが学校のすべてというわけではありません。休み時間の10分の間に学ぶこともあります。

では、どのようなことを学ぶことができるのかというと、「友人関係」や「先生との接し方」です。友人関係は、小中高大まですべて共通ですが、「先生との接し方」については小学校で学ぶべき事柄です。小学校で、先生と正しく接することができれば、中学校以上に進学した時に、「この子は礼儀正しい子でいい子だ」という評価をもらうことができ、評価されやすくなっています。しかし、正しくない接し方で、言葉づかいが悪いと心証が悪くなり、成績なども下げられてしまう恐れがあります。そのため、学校では「正しい言葉づかいをしましょう」などと言われるのです。

関連情報